北海道旅行。雪道を安全に運転するには?

北海道旅行の際にはレンタカーの運転に気を付けましょう。安全運転を心がけて旅行を楽しもう! - 北海道旅行。雪道を安全に運転するには?

更新情報

北海道旅行。雪道を安全に運転するには?

htyjd北海道旅行には車が便利です。ですが、雪の降る寒い時期に訪れる場合には、運転に十分注意をしなければいけません。北海道では交通事故が多いです。雪道の運転の仕方を知っていないと、事故を起こしてしまうかもしれません。北海道旅行を車でしたいと考えているなら、雪道を安全に運転するための知識を身につけておきましょう。

北海道旅行には車が便利

大都会であれば、電車やバスなど公共交通機関を利用するのがいいかもしれません。走っている本数も多く、時間を気にせずに乗ったり、公共交通機関のみでどこへでも行けたりする場合は、車はかえって邪魔になります。都会では駐車場を探すのも一苦労ですから。
北海道は交通の便が悪いわけではありませんが、車の方が何かと便利です。列車などの風情を楽しみたいという場合は別ですが、旅の自由度を重視して車を選ぶことをおすすめします。時間に余裕があるならフェリーで自家用車ごと行くこともできますし、現地でレンタカーを借りることもできます。

雪道で車に乗る際に、気を付けること

車の屋根に雪が積もっている場合には、必ず落としてから乗るようにしましょう。運転していてブレーキをかけたり、速度を落としたりすると、乗っていた雪がフロントガラスに落ちてきて視界をふさぎます。前が見えなくなるので危ないですし、慣れていないと、その状況に驚き、冷静さを失います。
靴についた雪も、しっかりと落としてから乗るようにしましょう。靴の裏に雪がついたまま運転すると、アクセルやブレーキを踏んでも感覚が足に伝わりづらいです。また、滑ってアクセルやブレーキを踏み損ねる危険性もあります。
道が凍っていたり、雪のせいで道が滑りやすくなっていたりすると、運転の速度が格段に落ちます。自分だけではなく、周りの車もかなりスピードを落とすので、非常にゆっくりした運転になります。目的地につくまでにかなりの時間を要することもありますし、想像以上に燃料を消費します。時間と燃料に余裕をもって出発するようにしましょう。
スタットレスやチェーンなど、タイヤの準備をすることはもちろんですが、できれば4輪駆動の車の準備ができると尚いいです。

雪道運転の落とし穴

jytdukyf雪がなくても、道路が非常に滑りやすくなっていることがあります。雪が解けてシャーベット状になっていたり、溶けた雪が凍っていたりする場合です。通常の道路と見た目がかわらないようなブラックアイスバーンという場所があることも知っておきましょう。交差点の手前や駐車場の出入り口などに多く見られます。
停車する車に温められたり、踏み固められたりした雪が解けて道路に氷をつくります。黒い道路と見た目が変わらないので、滑りやすいことを知っていないと、普段通りのスピードやハンドルさばきになってしまい、スリップします。非常に危険で、事故が多発しているポイントです。
凍った道路では、急にハンドルを切ったり、ブレーキをかけたりすると、車のコントロールを失います。雪が積もった場所は意外と滑らないため、スタットレスタイヤなら大丈夫だと勘違いをしている人もいますが、大きな間違いです。雪道で危険なのは、雪の積もった場所ではなく、凍った場所です。道路状況を見極めて、慎重に運転する必要があります。

楽しい旅行にするために

事故を起こさずに楽しい旅行をするために、運転は慎重に行いましょう。北海道の道路は見通しが広くスピード超過になりやすい場所も多いです。雪道対策をしっかりと行い、スピードを出し過ぎないよう気をつけ、安全運転を心がけましょう。

アーカイブ